無在庫販売は儲かりませんよ?

lack-of-mp

物販初心者が無在庫販売で大きく儲ける事は出来ません。
無在庫販売で大きく儲ける事が出来る人は
販売サイトで集客が出来る人

のみです。
この詳細については後日詳しく書きます。

 

無在庫販売とは?

 

まず「無在庫販売ってなに?」って思う方もいるので
無在庫販売とは何かということから話します。
無在庫販売とは名の通り、商品の在庫を持たずに商品を販売する手法です。

物販初心者の方からしたら
「そんなこと出来るのか?」
と疑問に思うかもしれませんね。
これは仕入先さえ見つけてしまえば、下記の手順で誰でも簡単に出来てしまいます。

①Amazonやヤフオク、メルカリで見つけた仕入先の商品を出品しておく

②売れたら仕入れて、購入者に送る。

無在庫販売はたったこれだけの仕組みです。
物販初心者の方には
「リスク・元手0でなんてすばらしい販売方法だ!」
と思った方もいるかとは思いるのではないでしょうか?

 

無在庫販売は「在庫リスク」は抱えないが2つの違うリスクが潜む

 

これには下記のような短所があります。
①競合が多く、値下げ合戦に巻き込まれてほとんど儲からない相場になってしまう
②購入者からクレームをもらいやすく、アカウント閉鎖になってしまうリスクが高い

まず①から説明しますが、これは販売者の目線に立って考えれば簡単に理解することが出来ます。
無在庫販売出来る商材を見つける

Amazonなどの販売サイトで「いま」仕入先以上の値段で売られている

この「いま」という部分が重要です。
「いま」は仕入先とAmazonとの価格差で利益を得る事が出来ます。
しかしよほど特殊で、独自の仕入れ先でない限り
仕入先はインターネットで販売している卸業者となるので
価格差がある以上、必ず参入者が現れます。
そして続々とこの商品の参入者が増えていき、自分が設定した商品価格より低く出品してきた参入者が出ました。

この場合、同じ商品を売っているので
参入者より低い価格で出品しないと売れないので、参入者の出品価格よりまた下回った価格で出品します。
この心理がこの商品を販売している出品者全員に働く事で値下げ合戦が起き、
結局この商品は誰も儲からない相場になってしまいます。

結果、時間を無駄にしてしまうリスクが高まります。
特にAmazonでは1つの商品ページに販売者が集積されてしまうので
この現象がよく起こります。
ヤフオクやメルカリでは商品の見せ方によって値段競争に巻き込まれずに販売することが出来ますが
果たしてアレンジして売れるかどうか分からないし、
そのアレンジにかけた時間等の費用対効果を考えると無駄になる可能性が高いと考えます。

次に②を考えます。
まず前提として
Amazonやヤフオク、メルカリなどの販売サイトは出品者の不正に対して非常に厳しいです。
購入者からのクレームや規約違反が続くとすぐにアカウントの閉鎖措置をとられてしまいます。
アカウントの閉鎖の過酷さについては私の経験を交えて書いた記事がありますので
よろしければこちらもご覧下さい。
無在庫販売はアカウント閉鎖に繋がる「購入者からのクレーム」が起こりやすい傾向にあります。
その理由は複数ありますが、2つの理由を大きく取り上げます。
まず1つ目は
「仕入先の在庫切れで、売れたにも関わらず商品を出荷することが出来ない」

ことです。

例えば仕入先で無在庫販売出来る商品をAmazonに出品したとしましょう。
Amazonから商品が売れたので発送してくださいとの連絡来たので
早速仕入先で商品を発注しようとしたところ、
商品が売り切れていた
もしくは
在庫有り表示で発注出来たが、後になって仕入先でもう在庫がないことが判明してキャンセルになった

上記の事態に陥り、商品を発送出来なくなってしまいました。
このため、「出品者都合の在庫切れ」としてAmazonに報告することになってしまいます。
これが続くとAmazonからこわーいメールがきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当サイトでは、Amazonマーケットプレイスを
ご利用になる全てのお客様が満足してお取引いただけるよう、
随時、出品者様の取引履歴等を確認させていただいております。
また、規約違反のあった出品者様においては、
総合的な判断よりアカウント閉鎖などの処置を行う場合があります。
このため誠に残念ながら、総合的な判断により、
出品者様の出品用アカウントを
閉鎖させていただく判断に至りましたことをご連絡させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こうなるとAmazonで生計を立てている人は早く復活しないとカード破産という危機的状態に陥ってしまいます。
ヤフオク、メルカリも似たようなこわーいメールを送りつけてきます。

私の経験上、
何らかの原因で仕入先から商品を手に入れる事が出来なくなった
という事態にはよく遭遇します。

 

中国輸入無在庫販売は更に危険なリスクが潜んでいる

 

またこれが「中国輸入」によるものだと在庫切れに加えて更に追加のリスクがあります。
私は会社員時代、アパレルメーカーに勤めていましたので
実際に中国で実際に生産に携わり、中国の方と接していた「経験」から言えば
中国人(全ての人ではありませんが)は適当な人が多かったです。

その国民性?から、納期遅れはザラですし、仕様書の通りに商品が上がってくる事はまずありません。
当然、お客様に説明した商品が上がってこないため
クレームや商品の値引きをもらってしまいます。

会社員時代は会社にある意味守られていたこともあって
自分が損害を受ける事はありませんでしたが
自らが責任を持ち、販売するとなると誰も責任を負ってくれません。

Amaonに中国の仕入先のせいで〜などと言ってキャンセルしても
売ったのは「自分」なのだから「自分の責任」ということで
簡単に一蹴され、アカウント閉鎖になります。
中国輸入での販売を考えている方は上記のリスクがあることを常に意識した方が良いです。

 

初心者はまずは国内で仕入れられる物から物販を始め、基礎を学びましょう

 

以上のことから、私は初心者が
「無在庫販売で大きく儲ける」
ことは難しいと考えています。
私は上記の理由と経験もあり、
「国内」もしくは「中国以外の国外」の実店舗、ネットで買える商品のみを扱って収益を出しています。

有在庫と無在庫の比率で言うと
8:2と言ったところですね。

以上長くなりましたが
私が考える「無在庫販売で大きく儲ける事が出来ない」
理由を端的にまとめると

「収益を出せる確率が有在庫に比べて格段に低く、リスクも高い」

以上になります。
物販初心者は国内外で買えるものをAmazo・ヤフオク・メルカリ等で販売する方法をおすすめします。

人気ブログランキングへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
1日1クリック頂けますと
スマせど運営の励みになります!