販路は必ず複数持ったほうが良い2つの理由 〜その① 不良在庫がAmazon/ヤフオクより高く売れる神サイトがあった話〜

o0577096413314591172

メルカリから不要品を売ることから物販を始めた人

最近多いですね〜。

私が物販を始めた頃は
Amazonヤフオクしかなかったので
販売サイトの勢力が明らかに変わってきたなと感じます。

しかしAmazonとヤフオクの集客力はまだまだ強いため、やはりこちらの方が売れ行きが良いです。

メルカリはスマホ世代を狙ったシステムを構築しているので
ヤフオクに取って変わるという事はいまのところないと思います。

集客力(購買率)を順序付けると
Amazon>>>>ヤフオク>>>メルカリ>>>>>>その他フリマアプリ
だと思います。

しかし私がこれまで検証してきた結果、商品によっては
メルカリ>>>>ヤフオク>>>>Amazon

という商品もありました。

では本題
本日は面倒でも販路は複数持ちましょうというお話です。
なぜかというと、上記で言った
「集客力」
という点もそうなのですが
下記2点が複数販路を持つべき理由です。

①購買率の向上

②リスク分散

今回の記事は①の購買率の向上について書きます。

インターネットで本を買う際に、どこのサイトを最初に見ますか?

おそらく「Amazon」と答える人が圧倒的に多いと思います。
ネットサーフィンが好き!ネットでよく物を買うよ!って人は
「ヤフーショッピング」や「楽天市場」などのサイトを使うでしょう。

なぜかというと溜まっていたポイントを使ってAmazonより安く買ったり、
ポイント10倍の日などを狙って実質最安で買い物を続けたいという人もいるからです。

しかしそのように行動する人は少数派ではないかと思います。
本に限らず、今やネット通販は圧倒的にAmazonが使われている現状、
集客力が他サイトと桁違いです。

ということは、メルカリに商品を出品するより
集客力の高いAmazonに出品した方が購買率が高くなります。

しかし購買される確率を大きくしたいのであれば
ヤフオクやメルカリなどにも出品した方が良いです。

私のこれまでの経験をお伝えすると

Amazonとヤフオクの販売手数料を引いた価格はほぼ同じになります。

ヤフオクよりAmazonの方が高く出品されているのが常ではありますが
販売手数料を考えると商品を売った際に出品者の懐に入るお金は
ヤフオクとAmazonでほぼ変わりません。

ということは、
AmazonはFBAも使えるし出品もヤフオクより面倒でないし
何よりヤフオクより集客されるのでAmazonに出品した方が購買される確率は高いです。

しかしどちらにも出品した方が早く売れる確率が高まりますというお話です。

メシア(救世主)が出現することもあるメルカリ

次にメルカリですが
メルカリは特殊で
Amazonやヤフオクよりも高く出品している商品が急にポンと売れたりしています。

ヤフオクやAmazonでは有り得ない事です。

これはあくまで私の予測に過ぎないのですが

欲しい物があったらその場で買ってしまう

ユーザーが多いように思えます。

その商品が他のサイトでもっと安く売っているか考えなかったり
ここでしかもう売っていないと決め込んでいる人がって感じですね。

また親がボンボンでお金持っていたり?笑

なのでメルカリでは
不良在庫をAmazonやヤフオクで出品している価格よりも高く出品
すると以外に売れるかも?です!
メルカリに出品して救世主の出現を待ちましょう!笑

またメルカリは
トレンドブランドもの衣料がめちゃくちゃよく売れます!

この冬はメルカリだけで結構利益載せられました。

具体的にどの商品かについては
メルマガに載せたいと思いますので興味がある方は是非ご登録ください!


以上が①「購買率向上のため」の理由になります!
②「リスク分散のため」については
また次回に書きます!

輸入した商材をヤフオクで販売したらBANになった話を中心に記事を作ろうと思っているので
興味がある方はワクテカしながらお待ち頂けますと幸いです!


人気ブログランキングへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
1日1クリック頂けますと
スマせど運営の励みになります!