限定物(投資)せどりを極めれば、少しの労働時間で一生稼ぎ続けることが出来る理由

photowoman

 

 

限定物せどりは正しく商材を選定することが出来れば一生稼ぐことが出来ると思います。

 

なぜだと思いますか?

 

 

 

 

本当に価値あるものは時間の経過とともに高騰していった歴史があるからです。

 

 

 

 

以前書いた下記の記事のベアブリックを見て下さい。

→【10年後には1万→100万!?】「塩漬け」して利益を倍々にすべき商材リスト決定版【ry式投資商材リストを大公開! その②】

 

このフィギュアの値段が時を経てありえない相場になっています。

 

 

 

これ以外にも様々な物があるので載せきれないのですが
“価値ある物は時間の経過と共に高騰していく”

 

 

これはいつの世になっても不変の事実として残り続けるでしょう。

 

 

 

「ゴミ」と「限りある時間」を大量に売るな!

 

 

限定物(投資)せどりは資金があることに越したことはないですが
もし使える資金が少なくて他の物販に鞍替えするという人も大多数は結局はココに戻ってきます。

 

 

格安で仕入れられる中国輸入商材は値下げ合戦に巻き込まれやすいし、
商品自体に価値があるものがほぼないから、寝かせて高騰することはまずない。

赤字で捌かざるを得なくなるのが関の山だと思います。

 

ブックオフの古本をはじめとした中古せどりは時間の無駄でしかないと思っています。

 

こんなにライバルだらけで、
仕入れられるかどうかも分からない肉体労働に時間と労力をかけるのは馬鹿げています。

 

もちろん大学時代に齧った経験があるからこのようにお話しています。

 

 

ネットビジネスのスタートアップとしてこれらに手を出すのは構いません。

右も左も分からない以上、まずは始めて見ることに意義があるからです。

古本せどりも中国輸入もそうですが
ネットビジネスの基礎を学ぶことに関して言えば非常に効果的だと思っています。

 

 

しかし独自性がない限り、ここにしがみつくままである現状がダメなのです。

 

 

上記2つのビジネスで言う独自性とは具体的に言うと古本に関してはブックオフに自らチマチマ仕入れに行くのではなく、
大量に古本を手に入れられる仕組みをつくること。

例えば引っ越し業者や不動産業者と提携したり、自らが古本買取店となって古本を大量に仕入れる。

 

中国輸入に関してはOEMでオリジナル商材をつくること。

 

このように規模を大きく、組織的にしていかないといつまで経っても
経済的、肉体的自由は手に入りません。

 

会社員の方がマシかもしれません。

 

せどりで肉体労働を続けていると
なんのために会社を辞めようとしているのか、辞めたのか分からなくなる時がいつか来ます。

 

「ゴミ」と「限りある時間」を大量に売り続けるビジネスではなく
「価値ある物」と「少しの時間」を売るビジネスの仕組み作りをしましょう。

 

 

「他者が進んで行わないこと」は大きく稼げるビジネスに成りうる

 

 

 

「自分にしか提供出来ない価値を売る」のはビジネスの基本であることは皆様分かっていると思いますが、
物販ビジネスは大きく下記の2点でしか独自の価値をお客様へ提供することが出来ません。

 

 

  1. 自分でオリジナル商品を作り、販売する
  2. 既存の商品を”工夫”して販売する

 

 

 

ネットビジネスで個人で物販をされている方の大多数は②から入り、”工夫”を続けながら継続すると思います。

この”工夫”ですが要はこれは独自の物販戦略です。

 

 

例えばネットショップを作って販売したり、
メーカーから安値で商品を卸してもらったりなどです。

 

工夫の仕方は千者万別でありますが
オリジナル商材を作らずに既存の商品を売るのであれば
この”工夫”で全てが決まってしまいます。

 

 

それにも関わらず「同じことが正義」であるかのように
せどり転売のブログで情報を発信している方は誰でも出来る肉体労働を勧めています。

 

ビジネスにおいて皆と同じことをするの初心者のうちは良いですが
続けて行くことは正義ではありません、悪になることがほとんどです。

 

他者と一線を画する独自のことを行っていく必要があるのですが
「他者が進んで行わない嫌なこと」を進んで行っていくことも、これは戦略の”工夫”に値します。

 

 

 

例えば冒頭で紹介したベアブリック

 

現在この価格になっている理由は何か考えてみると例えば下記のような理由が思い浮かぶかと思います。

 

  • 現存しているのがヤフオクにしかない
  • 他にも現存しているかもしれないが販売しているのは限りあるヤフオクの業者だけ
  • 当時手に出来なかった人が今になって欲しくなって需要が騰がった
  • 当時供給量が少なかった

 

 

本当の理由は分からないですが市場の価格は需要と供給で決まるので
この市場価格は妥当なのだと思います。

 

法外に高いように思えますが、この業者は「いまこの商品が欲しい!」というお客様に
この業者にしか出来ない独自の価値を与えていることにお気づきでしょうか?

 

そしてこの価値の提供はAmazonやヤフオクでネットで物販を行う私たちにも簡単に出来ることなのです。

 

“商品が枯渇した1年後・2年後に欲しがるお客様のために売る”

 

こんなに誰でも手軽に出来て、大きく稼げるシンプルな物販戦略の”工夫”は私は知りません。

 

 

具体的に例を挙げると

定価1000円のCDがあって
発売時には最低価格1200円で200人の出品がありました。

 

半年を経過して出品者数は30人になって最低価格は5000円

1年後、出品者数は10人になって最低価格は9000円

1年半後は出品者数が2人になって最低価格は18000円

 

この18000円という値段は1000円で仕入れた時に比べて18倍の価格になっていますが
販売者が日本で極わずかしかいないため、この極わずかな販売者からしか買うことが出来ません。

この商材はその希少性からほぼ自分にしか提供出来ない価値を消費者に提供出来ていると言えるでしょう。

 

 

 

他者がバンバン売って行く中、将来騰がるだろうと見極めた商材を
その商材が枯渇したときに提供するということもこれは“工夫”に値するのです。

 

結果、この工夫が他者と比べてかなり独自的であるから大きな利益を手にすることが出来るのです。

 

 

スマせどの無料メルマガでは特典プレゼントの他にも「独自性」「差別化」をキーワードに
物販で稼げるようになるための思考メルマガ登録でしか提供していないryも使って稼いでいる独自ツールの紹介をしていますので興味のある方は下記の画像からメルマガ登録をして頂けますと幸いです^^

 

S__16629763

 

 

長くなりましたが最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました^^

 

 

人気ブログランキングへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
1日1クリック頂けますと
スマせど運営の励みになります!