リサーチに活かせる!Amazon/ヤフオクでプレミア価格になりやすい商品10の特徴

316H

 

 

プレミア価格になりやすい商品には必ず特徴があります。

 

ryさんはなんでプレミアになる商品が分かるのですか?

 

と、よく聞かれることがあるのですが
簡潔に言ってメディア以外は商品名を見るか商品画像もしくは実物、そして販路を見れば
なんとなく当てることが出来るようになりました。

 

 

この業界に長くいる人であればこの「なんとなく当てる」感覚は容易く出来ることだと思うので
初心者の方はいま出来なくってもまっっったく心配する必要がありません。

 

そして冒頭でもお伝えしたようにプレミアが付く商品には必ず特徴があります。
その特徴は私が分析する限り大きく10しかありませんでした。

 

 

この10つというのは私がこの記事を投稿するに当たって
プレミアが付きやすい商品の特徴ってどのようなところか?

 

と自問自答して、これまでの経験から導きだしたものです。

 

先ほどお伝えしように私自身が「なんとなく当てられるようになった」ので、
考えて自問自答しないといきなり詳細に言葉にすることが出来ませんでした^^;笑

 

何万という商材選定をしてきた中で得た、ryも無意識のうちにリサーチの際に参考にしている特徴なので
初心者の方は是非参考にして頂きたいと思います。

 

 

またそれぞれの特徴に関してryの経験を交えた説明もしています。

 

  • いまいち根本的な部分で分かっていないものがあったがこの記事を読んで分かった!
  • 今までスルーしていた商材もプレミアになる可能性があったんだ!

 

 

などの気づきや発見があると思うので是非最後までお読み頂けましたら幸いです^^

 

 

 

1.限定品

 

 

初心者の方はまずは「限定」というワードに敏感になりましょう。

 

「限定」というと定義が広くて何がなんやら・・・という気もしてきますが
とりあえず商品名に「限定」と書かれていたら素直に「限定品」と受け取って
ではそれが何に対して限定なのかをいちいち調べることが大切です。

 

 

そういった姿勢を続けていると自然とあらゆる商材にアンテナが張れるようになってきて
いつかプレミアがつく商品を「なんとなく当てられる」ようになります。

 

限定品とはどのようなものか、
例えばCD/DVDなら通常版とは別に「初回限定盤」というものがそれに値します。

 

スクリーンショット 2016-07-22 15.08.48

 

 

 

2."数量"限定商品

 

 

スクリーンショット 2016-07-22 15.16.53

 

“数量限定”商品もプレミアになる可能性があります。
こちらは書いてある通り、数量を限定にしています。

 

ただ数量というのは普段通常生産されている数と比較出来なければ
数量限定としている商品の数が多いのか、少ないのかが分かりにくく、
判断が付きにくいことが多いです。

そして果たして数量は需要>供給になるかどうかを信じ切ることが出来る材料も必要になってきます。

 

 

初心者の方は安易に行きがちな数量限定品ですが
上記の理由から数量限定品となっている商品の知識や確固たる自信がない限りはあまり仕入をオススメできません。

 

よって数量限定商品は自分が詳しい分野で自信が需要>供給になり得そうな自信があるのであれば
仕入れるようにすることをオススメします。

 

 

 

3."完全生産"限定品

 

 

 

主にCD/DVDで“完全生産”限定品というものがあります。

 

スクリーンショット 2016-07-22 15.47.07

 

これはどういう意味かというと版元のメーカーなどによって意味合いが違ってくるところもあって一概に言えないのですが
これまでの経験から私なりに解釈しますと“半受注生産”という意味合いが強いように思えます。

 

商品が高額なことやあまり数を作っても売れるかわからないなど、
とりあえず最低限のロットをクリアした分は注文数に応じて受注生産をするといったイメージです。

結局はメーカーが在庫リスクを抱える不安がある商品に対して完全生産限定と名を打つのだろうと感じます。

 

この完全生産限定ですが近頃は「結局」はプレミアにならない感覚です。

 

私が推測するに現在は下記のような図になっている気がします。

 

 

「完全生産限定」という魅力的なキーワードから消費者や物販業者が飛びつく
→発売日、結局は実需分しか売れないので商品の価値がなければ無駄に作った分は売れない

 

→定価割れ、もしくはプレミアが付くまでに年単位の時間がかかる

 

 

と、言ったことが多いです。

 

では完全生産限定は全て無視した方が良いのかというと中にはかなり稼げる物もあったりするので
全てスルーではなくは商品を見て決めたほうが良いと思いますね。

 

 

 

 

4.前作にプレミアがついた商品の新作

 

 

歴史は繰り返すので前作にプレミアがついた商品の新作はプレミアになる可能性が高いです。

→【その② カラクリ編】せどり転売で過熱する価格競争に疲弊したあなたへ 【限定物せどりとオリジナル商品開発のススメ】

 

1つ注意して頂きたいのは
アパレル系であればこの法則は90%以上の確立で当てはまるのですが
それ以外のメディア系・ホビー系では当てはまらないので注意が必要です。

 

 

むしろ最近だと前作でプレミアがついたメディア・ホビー系は「今回も!」と集ってくる業者が多くなってきましたので
逆に定価割れになることの方が多い気がします。

 

 

 

5.前々作プレミア→前作プレミアにならなかった商品の新作

 

 

私が最近メディア系において注視しているのが前作プレミアがついた新作よりも
前々作プレミア→前作プレミアにならなかった商品の新作です。

 

 

理由は簡単。

前々作プレミアになった商品は少なからず需要>供給になった商品で
需要が常に高い位置で一定にある可能性が高い。

 

そして前作プレミアにならなかったことで
前作仕入れて嫌な思いをした人は今回の新作を仕入れない確立が高いから必然的に群がりが少なくなるので、
あまりライバルがいない状態でプレミア価格で商品を売ることが出来る可能性があるからです。

 

 

私はここは「穴場」だと思っているので、こういった商品を見つけたら常に動向を見るようにしましょう。

 

 

 

6.ブランド x ブランドのコラボレーション商品

 

 

ypy5dxg81k0nnyumnqfx

 

 

どんな商品でも「コラボ」というキーワードがあれば必ずマークしてください。

 

コラボというのは2つのブランドが1つの商品を生み出すことなので
その商品の需要は2つのブランドのファンを合わせた数になります。

 

また

 

 

あのブランドとあのブランドがコラボした商品であれば欲しい!

 

 

という2つのブランドのファンでない人も取り囲むことがあり、
新たな需要も生み出すこともあるのでその需要は計り知れません。

 

故に需要>供給となりやすいのでコラボ商品というのはプレミアになりやすいのです。

 

 

 

7.日本未発売(海外限定)商品

 

 

海外でしか購入出来ないので高値が付いていても買うユーザーは少なからずいます。

詳しくは過去に記事にしていますので下記をご覧下さい。

 

【海外輸入で儲けるコツは】海外輸入→Amazon/ヤフオク転売は◯◯に絞ってリサーチすべし!【案外単純です】

 

 

 

8.地域(販路)限定商品

 

 

これは例えば東京・名古屋・大阪にある数店舗でしか発売されない商品を指します。

この場合、まだ店舗に在庫が残っていたとしても
Amazon、ヤフオクではプレミアが付いていることが多いです。

 

なぜなら東京・名古屋・大阪以外に住んでいる人でその商品が欲しい人は
Amazon、ヤフオクでからしか買えないからです。

 

ですから例え店舗で残っていたとしても商品によっては大きくプレミアがつく可能性は十分にあります。

 

 

 

9.現在進行形で話題性のある商品

 

「行列の出来る法律相談所」という番組をご存知でしょうか?

昔は法律に関することを放映していたのですが
いまや完全なバラエティ番組となりましたね^^;

 

 

この番組でたまに世間で話題になっている商品等を紹介しているコーナーがあるのですが
数年前に「魔法のフライパン」というのを紹介していました。

 

錦見鋳造株式会社

スクリーンショット 2016-07-22 17.12.21

 

 

 

当時HPを見ると注文から納品まで半年〜1年待ちになっていて
「本当に価値があるものを提供しているだな〜」と、思いました。

今でも24ヶ月待ちになっていますね^^;

 

 

当時ふと気になってヤフオクで相場を調べたところ、1、2件少々プレミアが付いた落札がありました。

商品自体に価値があり、需要もありそうだし
半年〜1年待ちということから量産は難しいのだろうと判断して3本予約注文をしました。

 

忘れた頃に商品が届いて早速ヤフオクに出してみたところ、
1本1万円くらいの利益でものの3日くらいで売り切ってしまった記憶があります。

 

 

HPを見ると注文出来そうなのでいま注文して将来果たして利益が出るか分かりませんが
ヤフオクで相場を確認してみていけそうだったら注文をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

他にもメディアで話題になっている商品はプレミアになることが非常に多いので
常にトレンドにアンテナを張るようにしましょう!

 

 

 

10.なんらかの理由で急遽発売中止になった商品

 

 

これはどのような商品かというと「発売後に問題が発覚して回収せざるを得なくなった商品」です。

例えば発売してみたら商品の内容に対してクレームが多くきたことによって
版元が回収せざるを得なくなった商品などです。

 

 

最近で言うと整形医療で有名な高須先生が出版した本が発売数日後に回収になってプレミアがついています。

 

産経ニュース

スクリーンショット 2016-07-22 17.33.51

 

 

高須帝国の逆襲 定価1000円

スクリーンショット 2016-07-22 17.32.40

 

 

このように発売後回収になる商品にはほぼプレミアが付きますので
話題性のある商品同様、やはりトレンドにアンテナを常に張ることは稼ぐ上で重要になってきます。

 

 

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか?

上記の10の特徴を理解し、経験を繰り返せばあなたは自然に
プレミア商材を「なんとなく当てる」という感覚で見つけられるようになると思いますので
是非実践してみてくださいね^^

 

長くなりましたが最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました!

 

 

人気ブログランキングへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
1日1クリック頂けますと
スマせど運営の励みになります!