Amazon出品者サービスで大口と小口どちらにすべきか【どこよりも分かりやすく教えます!】

スクリーンショット 2016-07-06 15.47.33

 

物販をこれから始めようという方に

 

 

「Amazonに出品者登録する際に大口出品と小口出品どちらが良いですか?」

 

 

ということをよく聞かれます。

 

結論としてはこれからせどり転売を続けて行くか分からないとしても
2016/7現在では大口出品で登録することをオススメします。

 

なぜなら大口出品月額料(¥4,900-)が3ヶ月無料で使えるから

 

3ヶ月経ったところで利用頻度を考えて
月額料がかからない小口出品の方が良いのであればそちらに戻せばよいだけの話です。

 

 

 

では3ヶ月経った後のことを考えて大口と小口どちらにすれば良いか

これについては大口と小口のサービスの違いを理解する必要があります。

 

 

大口サービスと小口サービスの使える機能の違い

 

機能比較の早見表という非常に便利なものがあったので
下記を参照にしてみてください。

 

 

大口と小口サービスの機能早見表

スクリーンショット 2016-07-06 16.04.42 スクリーンショット 2016-07-06 16.17.49スクリーンショット 2016-07-06 16.17.49

 

四角で囲っている点が特に考慮する必要がある点になります。

 

 

  1. 基本成約料
  2. Amazon.co.jp上にない商品のカタログデータ登録
  3. 購入者へ提供できる決済方法
  4. 商品詳細ページ右側「ショッピングカート」または「こちらから買えますよ」ボックスへの出品者名表示権限
  5. 出品許可が必要な商品

 

 

順に解説していきます。

 

 

 

1.基本成約料について

 

 

大口出品は無料で小口出品は成約商品(売れた商品)1個につき100円がかかります。

よって大口出品の月額料は¥4900-(税抜き)なので
月に49個以上売れる見込み、もしくは売れているのであれば
迷いなく大口出品登録をしましょう。

 

 

ただし月に40個程度の実績で今後見込みが微妙な場合も
大口出品に登録しておいた方がよい場合があります。

 

兎にも角にも大口と小口の機能の理解を理解すれば
自ずと答えは出てくると思うので最後まで読んで頂けますと幸いです。

 

 

2.Amazon.co.jp上にない商品のカタログデータ登録

 

  • 1点もの商品の登録
  • 輸入品でAmazonにカタログがない
  • オリジナル商品の販売

 

例えば上記の場合にはAmazonで新規カタログページを作る必要があります。

 

私はせどり転売で稼いでいきたいのであれば
新規商品カタログをつくってガンガン販売していくことをオススメします。

 

なぜならその商品は今のところあなたしか扱っていないので
利益を独占出来る可能性があるから。

 

「差別化」を常に意識していくことは
ビジネスで生き残って行くためになくてはならない姿勢の1つです。

【その③ 既存の商品に手を加える】せどり転売で過熱する価格競争に疲弊したあなたへ 【限定物せどりとオリジナル商品開発のススメ】

 

物販で独立したいくらい稼ぎたいのであれば
自分にプレッシャーをかけるための「投資」として
大口出品に登録するのも良いと思います。

 

3.購入者へ提供できる決済方法

 

 

特に注目する点としてはコンビ二払いの不可否です。

 

商品のジャンルにもよるのですが
コンビニ払いで決済する人は非常に多いです。

よって大口出品でコンビニ払い可にすると売れる確立は上がります。

 

ただコンビニ払いは購入者がコンビニに商品代金を入金しないと商品出荷とならないので
入金されない間は商品が保留になって販売機会を失ってしまうデメリットの側面もあります。

 

 

4.商品詳細ページ右側「ショッピングカート」または「こちらから買えますよ」ボックスへの出品者名表示権限

 

 

これは初心者の方にはよく分からない点だと思いますが
Amazonで販売する上で1番利益に直結してくる部分なので丁寧に説明します。

 

下記画像はAmazon.co.jpが売り切れになっていて
プレミア価格(出品者出品)になっている商品があります。

 

スクリーンショット 2016-07-06 17.05.48

 

 

まず「ショッピングカート」とは上記画像の①の部分を指します。

 

ショッピングカートを取れるとこの画像のように
商品トップ画面で1番目立つ真ん中に自分の出品した商品が表示され、
すぐその隣でカートに入れることが出来ます。

 

このショッピングカートを取れた時の販売力は凄まじいものがあります。

 

以前Amazonランキング1位の予約商品があったのですが
Amazon.co..jpが売り切れた後にすぐ私のショップでカートが取れました。

 

定価より2000円ほど高く設定していたのですが
2時間で60枚予約が入りました。

 

 

1枚送料手数料外注費合わせて1000円ほど利益が出たので
なんとこれだけで約6万円の利益を確保できました。

 

 

 

「こちらから買えますよ」とは②の部分を指しています。

ショッピングカートほどではありませんが
こちらのカートが取れも表示されない一般多数になるよりはよく売れます。

 

 

これらショッピングカートの仕組みや取り方については今度記事にしますが
大口出品でないとカート獲得の土俵にも立てませんのでご注意を。

 

 

5.出品許可が必要な商品

 

 

小口出品は下記のカテゴリに出品することが出来ません。

 

  • 時計
  • アパレル
  • シューズ、バッグ
  • ジュエリー
  • ペット用品
  • ヘルス&ビューティー
  • コスメ
  • 食品&飲料

 

上記のカテゴリで出品する予定がある商品がある場合は
大口出品にしておくことをオススメします。

 

まとめ

 

 

大口出品と小口出品の機能の違いについて理解出来ましたでしょうか?

49個以上の販売する見込みがあるのであれば迷わず大口なのですが
それ以外の機能を考えると大口を検討する必要があることが分かったと思います。

 

 

これらの機能を比較しても決められない人は胸に手を当てて

 

「今後物販というビジネスとどのように付き合って行きたいのか」

 

ということを考えてみて下さい。

 

何度躓いても、絶対に成功してやる!という強い気持ちがあるのであれば迷わず大口出品を。

ほどほどにほんのお小遣い程度稼げれば良いという方は小口出品を。

 

ただどんなビジネスでも言えることなのですが
どんな成功者でもそれは山のような失敗があったから得られたものなので
失敗しないと成功は望めない以上、

 

「何度躓いても、絶対に成功してやる!」

 

 

という気持ちは持ち合わせていないと成功出来ません。

 

要はその気持ちを数あるどのベクトルに合わせるのかが重要です。
それは物販なのか、アフィリエイトなのか。

 

 

自分の心に

 

「何をしている時が1番楽しいのか」

 

を、問い合わせて考えてみて下さい^^

【不安な未来を解消する】安定した「経済・精神的自由」を手に入れる方法とは?

 

では!

 

人気ブログランキングへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
1日1クリック頂けますと
スマせど運営の励みになります!

この記事が役に立ったと思ったら1クリックお願いします^^

せどり ブログランキングへ

"ものを売って自由を手に入れたい方"のみ

完全無料で学べるスマせどメールマガジンに登録してください。


 

メルマガに登録して頂いた方には登録後、最初のメルマガで総ページ数120Pにまとめた下記4つの特典PDFをお渡しします。

 

  • 1日1時間で月40万稼ぐリサーチテクニック
  • 79f307f1d9099adcf4e20bbefcb07da8ry流完全調達システムを公開
  • セールアパレルせどりで稼げる仕入れ~販売までのテクニックを公開
  • 20分のスカイプ無料相談

 

 

またメルマガでは基本的には記事で公開していない情報を中心にお送りします。そのほか、

 

  • 物販で稼げるようになる思考・テクニックが身に付く14日のメール講座
  • メルマガ登録者様だけに送るryオリジナルの物販ツールの紹介等特別なご案内

 

"ものを売って自由を手に入れたい方"へ向けて、以上6つの特典をご用意して登録をお待ちしております。