Blog

Blog/

【初心者必見】せどり転売実践者が経験する8つの失敗を抑えて最短距離で成功を掴む

    成功と失敗は表裏一体です。 成功は失敗あってのものですが かといって初心者のうちに失敗が続いてしまうといつか致命的なミスを起こしてしまって 取り返しのつかないことになりかねません。     会社員と違って自分でビジネスをしている以上、責任はすべて自分にあります。     それを頭の片隅に入れつつ、 せどり転売初心者の方はこれから挙げる失敗例から学び、 実践中の方は今現在当てはまる点はないかチェックをしてみてください。       不良在庫を仕入れてしまう 不良在庫の損切りをしない 過剰在庫・過小在庫 FBA長期在庫保管料の高額請求 商品注文ミスによる誤送で☆1レビュー・返品・返金 キャッシュフロー管理 発送・在庫管理 規約違反行為によるアカウント制限・閉鎖       1.不良在庫を仕入れてしまう           ある商品を見てランキングも良い、出品者も少ない、 良さそうだと思ってモノレートも確認するとよく売れている。   よし!仕入れよう!となっても 出品者過多など様々な理由で想定の利益が出ないことはよくあります。   初心者のうちは損が少ない仕入れやリスク回避の方法がまだ体に身についていないので ついついミスを起こしてしまって不良在庫を抱えてしまう、というパターンがよくあります。   失敗を繰り返していくうちに覚えていくので良いのですが 資金が少ないとクレカの支払いが滞ってしまったりして取り返しのつかないことにもなりかねないので 注意が必要です。     以前から私は提唱してきましたが 商品を仕入れるか否かの判断はモノレートでしよう! と、言う方が非常に多いですがそれだけでは不十分です。   以前に投稿した下記記事にその詳細を記述しているので是非参考にしてください。 →【他に確認すべきこと】モノレートを過信しすぎた仕入は「大博打」でしかない理由【ありますよ!】   [...]

By | 8月 16th, 2016|知って得する豆知識|0 Comments

AucTownを応用して”安心安全に外注に一括出品”をする方法【評価が高いヤフオクIDで即復活する】

    ヤフオクで非常に面倒となる作業が出品です。 この面倒な出品作業の効率を上げてくれる無料ツールがauctownです。   Auctown     Auctownで使える便利な機能といえば   大量一括出品が可能。そしてラク。 出品パターン保存 CSVによる一括出品   この辺りですね。   対抗馬としてApptoolがあるのですが App toolはCSVによる一括出品が出来ないので私は使っていません。   AuctionもAppToolもヤフオクの公式ページで紹介されているツールなので 情報の管理など特に不安になる必要もないかと思います。   ヤフオク 厳選ツール紹介   Auctownを使うに当たってAuctownの会員登録をしなければ・・・ と、なるのですが出品で使っているYahooIDがあればAuctownを使うことが出来ます。   お使いのYahooIDでログインしていれば 下記画像で◯をつけた「Yログイン」というタブをクリックすれば すぐに出品を開始することが出来るようになります。 *9/9追記 オークタウンを使うには出品者認証が必要です。         AuctownのCSV一括出品と外注を利用して大きく稼ぐ方法   Auctownの使い方は直感的に出来ると思うので ここでは詳しく取り上げません。   今回の記事ではAuctownのCSV一括出品機能を利用して ヤフオクの商品登録を安心安全に外注化する方法についてお話していきます。 この方法を実践すればで自分、外注さんお互いのYahooIDのログインID,PWを教えないで済みますし 外注化することで自分はリサーチなどに時間を費やすことができるようになります。   大まかに下記①〜⑤の手順で説明をしていきたいと思います。   外注さんのYahooIDを使ってもらうorつくってもらう 商品登録後、CSV出力 商品画像とCSVを同じファイルに入れ、CSV出力した商品画像URLと画像名を同じにしてもらう そのファイルZIP形式でもらって自分のIDを使ってAuctownでアップロードする     [...]

By | 8月 13th, 2016|ヤフオク|2 Comments

せどり転売未経験でこれから取り組もうとする人が1週間の内にやるべき具体的な事と流れを紹介

  ネット物販をこれから始めようと考えている方は 始める前に物販の情報サイトやブログを見て回るかとは思います。   使えそうな情報は無数にある、 けれでも未体験のことなので結局何か始めれば正解なのか 分からなくなってしまうこともあるかと思います。     そのような方々のために物販をこれから始めるにあたって 1週間でやるべきことの流れを簡単に考えてみました。     またネットビジネスを通してそこらのサラリーマンより幸せな時間を手に入れること、 商品の選定で右も左も分からない方にノーリスクで稼げる可能性があるお勧めの商材も紹介していますので 最後までお読み頂けましたら幸いです。     Day1 Amazon/ヤフオク/メルカリに登録しよう       まずは上記3つのプラットフォームに登録しましょう。 Amazonは小口ではなく大口登録がお勧めです。 →Amazon出品者サービスで大口と小口どちらにすべきか【どこよりも分かりやすく教えます!】       Day2~Day5 家にある不用品を上記3サイトで売って販売~発送までのネット売買の仕組みを体験しよう       家にある不用品を売ってみて売買の仕組みを実際に体験してみましょう。   頭ではわかっているけれどもやったことはない、 というのはノウハウコレクターと一緒です。 知識は使わなければ何の意味もありません。   得た知識を実際に頭と体を駆使して使うことが定着に繋がります。   また評価0から始めるので売買の仕組みや経験がないうちに 変な商品を大量に仕入れたり、何かやらかしてしまった場合に 取り返しがつかなくなってしまうこともあるでしょうし、アカウントに傷がつく可能性があります。   こうなってしまっては誰も商品を買ってくれませんし、 始めたばかりなのに大きな失敗をしてモチベーションもかなり下がってしまうでしょう。   始めたうちは大きな成功を狙うのではなく、 基本に忠実に、プラットフォームの規約に沿ってネット売買の仕組みを体験しましょう。     Day6 自分が好きなモノ・興味があるモノが商材にならないか調べてみよう [...]

By | 8月 11th, 2016|知って得する豆知識|0 Comments

メルカリで1円も稼げなくなる日もそう遠くないだろうと考える理由【もしもの時に備えておこう】

  私はよくスターバックスで仕事をするのですが 最近は「メルカリ」という単語を耳にすることがよくあります。     「メルカリでさ〜◯◯が売ってて欲しいんだよね〜」   「メルカリに出しいている服ぜッッゼン売れないから値下げしないと〜」     この◯◯はヤフオクの方が安く売っていることを知っていたので 思わず「ヤフオクの方が安く売っているよ?」 と、言いたくなってしまいました。       一般の消費者は何か物を買うときに   「どこが最安で買えて、ポイントが多くつくのか」   なんて考えない人がほとんどだと思います。     それぞれが知っている大手通販サイトで買ってしまいます。   だから他の通販サイトで定価で売っていて Amazonがプレ値で売っていたとしてもAmazonで買う人の方が多い。   せどり転売を始めて長い人は もう一般消費者の目線で買うものを調べたり、買ったりすることはできないと思うので 私を含めて改めて目線を戻した考え方をすべきだと感じました。       さて本題に入りますが 最近メルカリを利用している人の数が半端ではないような気がします。 メルカリは2013年からサービスをスタートし、 右肩上がりでその利用者数を増やしています。     2016年現在の利用者数、ダウンロード数はこのグラフ以上の数字が上がっているでしょう。   ここまで利用者・業者に人気があると心配なのは   メルカリで事態がオワコン化するペースが速くなる   という懸念です。       世の中にはモノ・サービスの中にトレンドが必ず存在しますが 「サービス」のトレンドにメルカリは入っています。   そしてトレンドに部類するものの95%以上は数年後に廃れます。   [...]

By | 8月 10th, 2016|メルカリ|0 Comments

Amazon/ヤフオクなどで起こる値下げ合戦は悪い側面ばかりではない理由

    ネット物販を行っている方であればある商品を仕入れて販売している時に 価格の値下げ合戦に巻き込まれたことがあるかと思います。   出品者が多数いる状態で価格の値下げ合戦が一度起きてしまうとよほどランキングが高くない限りは そのまま赤字で販売せざるを得なくなる値段にまで下がることが多いです。   しかしながら下がって下がって、その後V字回復するという商品も存在します。 そしてV字回復するか否かは正しい方向に努力し、経験を積んでいくことに誰でも必ず身につきます。   こちらの商品をご覧ください。         定価7500円の商品ですが現在17000円にまで相場が上昇しました。   値動きに関しては下記モノレートの画像を見て頂けたらわかるかとは思います。 この商品は発売当日に動きを見せたのでその動きや将来性などを考え、 とりあえず当日に30個を確保(20%割引の6000円)し、 調達システムを使って最終的に40個ほど確保しました。     40個のうち半分の20個は12000円ほどで早々に売りさばきました。   発売日から数日は最高で15000円ほど値段がつきましたが その後は画像の通り出品者増の影響から徐々に相場が下がり、 一時は7916円になってしまいました。         定価が7500円なので割引き価格で入手していない出品者は この値段で売っていたら手数料で定価割れでの販売を余儀なくされています。   私は相場がこのようになることは想定の範囲内で 絶対にこの商品は半年後に15000円に相場を戻す確信があったので むしろ定価に近い相場になったことでランキングが上がって 早く市場から商品がなくなるだろうからラッキーと思っていました。   結果としては半年後ではなく1ヶ月後に相場を戻したのは想定の範囲外でしたが(笑)     値下げを行う出品者の心理     値下げを行う出品者のほとんどはこのように考えていると思います。   次の支払いまでに資金を用意する必要があるので早く現金にしたい 数百円、数十円の利益でいいから早く利確したい 数日で相場が下がっているのでこのまま下がる一方なのではないか? 思ったより売れない、在庫をなくしたい     [...]

By | 8月 7th, 2016|知って得する豆知識|0 Comments

完全無料ツール “Check4Change” を使ってプレミアが付くであろう商材を素早くゲットしよう!

  プレミアがつくであろう商材を見つけたが 商材の販売開始時刻がわからないといった場面に遭遇するかと思います。   こうなっては何時に発売されるかわからないので ずっとF5でページを更新していないとわかりませんね。   時間をおいてチラッと確認したらすでに売り切れていた・・・ と、いうこともあると思います。       またプレミアが付くであろう商材は競争率が非常に高いので コンマ1秒でも早く購入することが必要になってくることが多いです。       プログラミングができる人は自動購入ツールを自作できますが ほとんどの人が出来ないのでツールを使いたい場合は ツールを買ったり、開発依頼をしたりする必要があります。   しかし今後あまり使う頻度がなさそうなショップで BOTを買ったり、開発したりするのも費用対効果を考えるとあまり乗り気にならないこともあるかと思います。     そんなショップで購入トライする際にオススメの無料ツールが FireFoxのアドオン"Check4Change"です。     Check4Changeの実用例         上記の商品は現在は発売済みの商品ですが 発売前は何時に発売されるか不明でした。   そしてSOLD OUTとなっているBOXが販売準備中と表記されていました。     このような商品をBOTを使わずに買いたい場合にCheck4Changeが大活躍します。   この商品の場合、販売が開始されたら 販売準備中と表記されているボックスがカートに入れるという表記に変わることが予想されますので Check4Changeを準備しておけば表記が変わった際に中音量の謎の曲でお知らせしてくれます。   曲が鳴ったら販売開始されているので即購入をしましょう。       Check4Changeの導入方法     Check4Changeは現在のところFireFoxにしか対応していません。 [...]

By | 8月 6th, 2016|知って得する豆知識|0 Comments

突然のAmazonアカウント閉鎖に備える!オススメの複数アカウント運用・復活方法を紹介【新しいPCとIPを用意する必要なし!】

    Amazonアカウントの閉鎖はいくら違反を犯していないとしても いまや誰にでも起こり得ることです。   私がこれまで聞いてきた中で、 もはやテロとしか思えない閉鎖の例として下記のようなものがあります。   引っ越しをしてマケプレの登録住所を変えたらBAN ある物販セミナーでFreeWifiに接続したらBAN(セミナーで多数の人がいたので被害者多数) あるフィギュアの商品登録(出品者多数)したら数ヶ月後BAN 正規のものを販売していたにも関わらず、購入者から海賊版との指摘をAmazonにしてBAN     ①は新しくアカウントを作って試してみる ②は無闇にFreeWifiに接続しないことで解決出来る問題でありますが どれも思わずやってしまいそうです。   ③と④に関してはもはや防ぎようがありません。 特に④に関しては悪質な客やライバルセラーに突然にされそうです。     Amazonのアカウントが閉鎖になったら、 そこからほぼ復活は望めないことも目を背けられない事実です。   そして閉鎖に伴って返送される大量のFBA在庫や3ヶ月の売上金保留は Amazonを主戦場としている人を奈落の底へと落とします。   このようなことにならないためにも Amazonアカウントを複数個持つことはAmazonで物販をしている人に必須だと私は思います。     そこで本日はAmazonアカウントのオススメ複数運用・復活法をご紹介させて頂きます。     デスクトップクラウドを使って複数アカウントの運用と復活をしよう!       Amazonアカウントの複数運用と復活にオススメなのは 断然デスクトップクラウドです。   お名前.com デスクトップクラウド サービス提供記念キャンペーン実施中     デスクトップクラウドって? という人が多いと思うの簡単に説明させて頂きますと 自分のPCで契約した別のPCを貸してくれるのでそれを遠隔操作することが出来ます。   よって契約すればアカウントの複数運用と復活をする際に必要な BANの履歴がないPCとIPアドレスをすぐに手に入れることが出来ます。   自分の [...]

By | 8月 4th, 2016|Amazon|2 Comments

Amazon FBAシュミレーターの使い方【余分な手数料を取られないようにするためのコツも紹介】

  AmazonFBAシュミレーターは Amazonで商品を販売する人にとっては 必ず使いこなせるようになる必要があるツールです。 もちろんいくら使っても料金はかかりません。無料です。   AmazonFBAシュミレーター     このツールで具体的に何が分かるのかというと 商品に注文が入ってお客様へ商品を届けるまでにかかる Amazon手数料を全て計算してくれます。   Amazon手数料は販売カテゴリ毎に手数料が決まっていますので 大雑把な数字というのは頭の中でも計算は出来るのですが すぐにかかる手数料以外にも必ずチェックしておきたい項目があります。 これについては後ほど詳しく記載します。     それでは早速、試しに使ってみましょう。   私も扱ったことがある下記商品をFBAシュミレーターで調べてみます。 まずは「Amazon.jpで商品を検索」と書かれている下の検索枠に 商品名、UPC、EAN、ISBNかASINのいずれかを入れて検索をかけましょう。   ちなみに商品名で検索ではなくてそれ以外のコードの方が正確に検索出来るので コードで検索する方が良いかと思います。 私はいつもASINで検索するのでASINを入れてみます。       「商品代金」に売りたい値段を入れて計算をクリックします。           結果が出ました。   この商品は自己発送での出荷では1340円の手数料 FBAでの出荷では2226円の手数料   上記が加算されます、   こう見ると自己発送の方がお得じゃないかと思うかもしれませんが 自己発送の場合は送料を考慮していませんので上記の手数料に加えて 自分で発送する送料も考慮しなければなりません。   この商品は結構大きいので、はこBOONで発送しないと FBAと同額か少し上くらいの料金がかかってしまう可能性があります。   そうなると後は回転数と在庫保管料を考慮しての判断になります。 これらについては後ほど説明します。     [...]

By | 7月 31st, 2016|知って得する豆知識|0 Comments

せどり転売を始めると同時にブログも始めた方が良い理由【販路が全て閉鎖になった時に学んだこと】

    せどり転売を始めると同時に、 それに関連したブログを書き始めることもお勧めします。   本業がある人にとっては物販に加えてブログも始めるとなるとかなり大変だと思います。 しかし私が自分でビジネスを始めていま1番後悔していることが   物販をはじめた当初からブログを始めていれば良かった   なのです。   単純に物販以外の収入が出来ますので収入が増えますし、 私は特定のプラットフォームに頼っている以上、リスク管理のために ブログを始めることをおすすめします。     はじめの頃は情報発信なんて馬鹿げていると思っていた     情報発信なんてライバルを増やして自分の首を締めるだけでしかない   物販をはじめて最初の頃はこのように考えていましたので ブログを始める必要はない、と考えていました。   物販に深く取り組んで行くにつれて 知識も増え、売上も増え、利益も増えていきました。   トラブルや失敗はありましたがどれも致命的ではなかったので これらを乗り越えることでもっと自分は強くなれる!と信じて取り組んでいました。     ある日突然奈落の底に突き落とされた出来事     しかしある時、私は物販の神様に奈落の底に突き落とされる出来事がありました。   それはAmazonとヤフオクIDの同時アカウント閉鎖です。     これについて詳しくは次回以降に記事にしますが 当時販路はこの2つしかなく、また物販での収入が100%だったので一時的に収入が0になってしまいました。   そんな私に残ったのはAmazonから返送された大量のFBA在庫、ヤフオク用在庫、数百万のクレカ請求で 「これは完全に詰んだ」と数日は途方にくれていました。     いまいくら稼いでいても収入を1つの柱だけに頼るの危険だと学んだ     ありとあらゆる手を使って復活を果たしてなんとか破産は免れました。 この失敗で私は   Amazon/ヤフオクなどの他人のプラットフォームに頼っている以上 リスク管理のためにこれらに頼らない収入の柱をつくらなければならない [...]

By | 7月 29th, 2016|知って得する豆知識|0 Comments

【2018年5月最新情報】メルカリ無期限利用停止になった時のオススメ復活方法公開【新しい端末を用意する必要なし!】

*2018年5月追記 現状もっとも安く済ませることが出来るSMS認証方法を追記! →【2018年5月最新情報】停止→復活のためSMS認証電話番号を最も安値で手軽に手に入れるヤフオク・メルカリ・ラクマアカウント作成法とあるサイトでプレミア商品を大量ゲット出来る方法!?【認証代行としても稼げる!】   メルカリは経験上、Amazonやヤフオクと違ってアカウントが凍結されやすい販路です。 凍結されるとメルカリをダウンロードしているスマホ端末では アプリを再ダウンロードしても使えなくなってしまう事態に陥ってしまいます。     少し前だと新しい端末を中古ショップなどから安く買って再度ダウンロードし、 メルカリに登録する住所・電話番号・登録口座(凍結されたアカウントで使用してないもの)を用意して 凍結されたアカウントとは別人になりきる必要がありました。     しかし2016/7月現在は新しい端末を用意する必要なく、新しいアカウントをつくることが出来るようになりました。 アカウント凍結になって困っていた方は端末を用意する必要がないので是非この方法を参考にしてください。     パソコンでメルカリを使う     メルカリはいつの日からか、 パソコンからでも出品を初めとしたスマホで利用出来る全ての機能が使えるようになりました。         パソコンからの出品は以前から要望されていた機能でありましたね。 スマホからでは非常にめんどくさいので。   パソコンから新規登録をすればアカウントを新しく作ることはできます。     が、はじめてメルカリで登録する際にあったように 電話番号認証をしないと新たに出品することが出来ません。     もちろんこの電話番号認証は凍結になったアカウントで使用していた電話番号ではダメですし、 月額料を払えば電話番号を持てるIP電話(050)で認証することは出来ません。 認証出来るのは090/080/070の番号のみです。     よってメルカリに登録されていない上記の電話番号を用意する必要があります。   メルカリを利用していない家族や親戚、知人の電話番号を拝借して 電話番号認証をやってもらえれば解決するのですが、頼みにくい場合もあるでしょう。 メルカリの電話番号認証をクリアする方法は私の知っているところで2つあります。 お困りの方は是非下記2つの方法を参考にしてアカウントを新しくつくりなおしてください。     ヤフオクで電話番号認証済みのアカウントを買う 自分で電話番号を量産する     順番に解説します。 [...]

By | 7月 28th, 2016|メルカリ|7 Comments